障害年金の申請手続きでお困りですか?

障害年金の申請手続きでお困りですか?

視力・視覚の障害(緑内障/網膜色素変性症/網脈絡膜萎縮など)

網膜絡脈萎縮による障害年金 請求事例

突然の発症

E子さんは57歳で、今はごく普通の専業主婦です。若い頃は上司からも一目置かれるOLで、家事や育児なども両立させ、ファッションやおしゃれなどの流行にも敏感で、明るくユーモアのある女性です。仕事は5年ほど前に辞め、自分の趣味などを楽しんでいました。                             ある朝、ベットから起き上がり庭の花を眺めたところ、花や庭を始め家の家具など全てのものが真っ白で霞んで見えました。色はすぐに戻りましたが、不思議な光景にとてもビックリしたと言っていました。その後、ドアや物に引っ掛かって転倒することが多くなり、ご主人も心配するほど頻繁に起こっていました。

症状の悪化

それからひと月もしないうちに、まるで目の前にレースカーテンでも引いたように、全てのものが霞んで、ご主人の顔の表情も分からなくなりました。                                その時はじめて事の重大さに気づき、ご主人に連れられ近くの眼科を受診(平成21年6月)しました。   その眼科では、「なぜもっと早く受診しないとダメだよ!」と怒鳴られ、設備の整った病院を紹介されました。(すでに症状はかなり進行しており、手の施しようが無かったみたいです。)

効果的な治療が無い

転院し、担当医から原因が分からないので、今は治療も投薬も何もできない状態であると告げられました。  その後検査で病名は判明したものの、原因の特定ができていなく、効果的な治療(投薬)ができない状況でした。この間も視力の低下は、もの凄いスピードで進行していました。                   そして、あの朝に見た白い花から約3年、両眼全盲という最悪の結果となりました。E子さんはとても明るい性格で、前向きに物事を考えて生活を送っていますが、日常生活や身の回りのことについて、ご主人や地域の方の支援を必要としています。

札幌 障害年金なんでも相談センターの対応

初診日は、平成21年6月と判断しました。
ご本人、ご主人と面談して現症状などを聴取した時点で、ほぼ間違いなく1級に該当することを説明しました。
そのため、障害年金をさかのぼって請求する様に説明しました。
また、さかのぼって障害年金か決定された時は、ご主人の老齢年金に付加されている奥様の加給金は、さかのぼって返納しなければならない事(それでも障害年金を受給した方が良いことも説明しました。)も合わせて説明しました。

申請するための納付要件

E子さんは、初診日においてご主人の扶養者であり、国民年金の第3号被保険者となっており、直近1年間に未納も無いので納付要件で問題無いと判断しました。

請求方法についてのご提案

初診日は平成21年6月で、認定日が平成22年12月であるため、認定日請求(さかのぼり請求)が可能ですので、診断書を2部作成することを提案し、障害基礎年金として請求しました。

病歴申立書の作成

ご本人とご主人から、現在までの症状や日常生活の状況をヒアリング(約3時間)し、病歴就労申立書を作成。

ご相談から請求書の提出まで

医師に診断書の作成を依頼して、出来上がるまで約2週間要しました。
また、面談・電話による打ち合わせは、計4回(約5時間程)行い、最初のご相談から年金の申請まで、約1ヶ月半を要しました。

ご相談(初回のご相談は約3時間)
面談により発病から現在までの状況をヒアリング
病歴・就労申立書の作成(約1週間で作成)
面談でヒアリングした内容を時系列にまとめ書類を作成
診断書の作成依頼(約2週間を要しました)
医師に作成依頼
他の書類の整備・書類の取得
請求書等の記載と住民票等の取得
年金事務所に請求書の提出
申請後、約1ヶ月半で年金証書が届きました

 

申請の結果

年金の申請を行ってから約1ヶ月半で年金証書が届き、障害認定日までさかのぼって障害基礎年金の1級に該当しました。
また、さかのぼって年金が決定されたため、1年11ヶ月分(約180万円)を、一括で受け取ることができました。

厚生労働省が定める眼の障害

1.認定基準

眼の障害については、次のとおりです。

障害の程度 障害の状態
1級

両眼の視力の和が0.04以下のもの

2級

両眼の視力の和が0.05以上0.08以下のもの

身体の機能の障害が前各号と同程度以上と認められる状態であって、日常生活が著しい制限を受けるか、又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの

3級

両眼の視力の和が0.1以下に減じたもの

 

2.認定要領

眼の障害は、視力障害、視野障害又はその他の障害に区分します。

(1)視力障害

  1. 視力の測定は、万国式試視力表又はそれと同一原理によって作成された試視力表によります。
  2. 試視力表の標準照度は、200ルクスとする。
  3. 屈折異常のあるものについては、矯正視力により認定する。矯正視力とは、眼科的に最も適正な常用し   得る矯正眼鏡又はコンタクトレンズによって得られた視力をいう。なお、眼内レンズを挿入したものにつては、挿入後の矯正視力より認定します。
  4. 両眼の視力とは、それぞれの視力を別々に測定した数値であり、両眼の視力の和とは、それぞれの測定値を合算したものを言います。
  5. 屈折異常のあるものであっても次のいずれかに該当するものは、裸眼視力により認定します。     (ア)矯正が不能のもの                                    (イ)矯正により不等像視を生じ、両眼視が困難となることが医学的に認められるもの         (ウ)矯正に耐えられないもの 
  6. 視力が0.01に満たないもののうち、明暗弁のもの又は手動弁のものは視力0として計算し、指数弁のものは0.01として計算します。 

(2)視野障害

  1. 視野の測定は、ゴールドマン視野計及び自動視野計又はこれらに準ずるものによります。
  2. ゴールドマン視野計による場合、中心視野については1/2の視標を用い、周辺視野については1/4の視標を用いる。なお、それ以外の測定方法による場合は、これに相当する視標を用いることとします。
  3. 「身体の機能の障害が前各号と同程度以上と認められる状態であって、日常生活が著しい制限を受けるか、又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの」とは、求心性視野狭窄又は輪状暗点があるものについて、次のいずれかに該当するものを言います。                      (ア)1/2の視標で両眼の視野がそれぞれ5度以内におさまるもの                  (イ)両眼の視野がそれぞれ1/4の視標で中心10度以内におさまるもので、かつ、1/2の視標で中心10度以内の8方向の残存視野の角度の合計が56度以下のもの、この場合、左右別々に8方向の視野の角度を求め、いずれか大きい方の合計が56度以下のものとします。なお、ゴールドマン視野計の1/4の視標での測定が不能の場合は、求心性視野狭窄の症状を有していれば、同等のものとして認定します。      (注)求心性視野狭窄は、網膜色素変性症や緑内障等により、視野の周辺部分から欠損が始まり見えない部分が中心部に向かって進行するものである。     
  4. 「両眼の視野が10度以内のもの」とは、求心性視野狭窄又は輪状暗点があるものについて、両眼の視野がそれぞれ1/4の視標で中心の残存視野が10度以内におさまるものを言います。この場合、上記3(イ)の1/2の測定方法により、残存視野の角度の合計のうち、左右のいずれか大きい方の合計が57度以上のものを対象とします。
  5. 「両眼による視野が2分の1以上欠損したもの」とは、片眼ずづ測定し、それぞれの視野表を重ね合わせることで、測定した視野の面積が生理的限界の面積の2分の1以上欠損しているものを言います。この場合、両眼の高度の不規則性視野狭窄又は半盲視野欠損等は該当するが、それぞれの視野が2分の1以上欠損していても両眼での視野が2分の1以上の欠損とならない交叉性盲等では該当しない場合もあります。また、状態を考慮し認定します。                                        (注)不規則性視野狭窄は、網膜剥離、緑内障等により、視野が不規則に狭くなるものであり、半盲性視野欠損は、脳梗塞等による同名半盲で両眼の視野の右のいずれか半分が欠損するものである。また、交叉性半盲は、下垂体腫瘍等による異名半盲で両眼の鼻側又は耳側半分の視野が欠損するものである。 

(3)その他の障害

  1. 「まぶたに著しい欠損を残すもの」とは、普通にまぶたを閉じた場合に角膜を完全に覆い得ない程度のものをいいます。
  2. 「調節機能及び輻輳機能に著しい障害を残すもの」とは、眼の調節機能及び輻輳機能の障害のため複視や眼精疲労による頭痛等が生じ、読書等が続けられない程度のものを言います。
  3. 「身体の機能に、労働が制限を受けるか、又は労働に制限を加えることを必要とする程度の障害を残すもの」とは、次のいずれかに該当する程度のものを言います。                      (ア)「まぶたの運動障害」のうち、眼瞼痙攣等で常時両眼のまぶたに著しい運動障害を残すことで作業等が続けられない程度のもの                                    (イ)「眼球の運動障害」のうち、麻痺性斜視で複視が強固のため片眼に眼帯をしないと生活ができないため、労働が制限される程度のもの                                 (ウ)「瞳孔の障害」のうち、散瞳している状態で瞳孔の対光反射の著しい障害により羞明(まぶしさ)を訴え、労働に支障をきたす程度のもの      

(4)視力障害、視野障害、まぶたの欠損障害、調節機能障害、輻輳(ふくそう)機能障害、まぶたの運動障害眼球の運動障害又は瞳孔の障害が併存する場合には、併給認定の取扱いを行います。     

障害年金なんでも相談センター
プロフィール

社会保険労務士 内 山 修 プロフィール写真社会保険労務士
内 山 修
うちやま おさむ

北海道池田町出身
1968年生れ

北海道中川郡池田町で生れ育ちました。 昭和63年に公務員となり、社会保険庁に入庁し、障害年金等の年金審査業務に携わっておりました。

困っている方のお役に立ちたいと思い、平成23年に社労士の資格を取得。「相談して良かった!」と言って頂けるサービスや信頼関係を築き、一人でも多くの方が適正な等級で 障害年金を受給できるよう、親身になってご支援いたします。

詳しいプロフィールはこちら>>

アクセス
  • facebook
  • blog
  • 内山社会保険労務士事務所企業様向けホームページ

このページの最上部へ

Copyright (C) 2012 内山社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.
プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
Copyright (C) 2012 内山社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.