障害年金の申請手続きでお困りですか?

障害年金の申請手続きでお困りですか?

腎臓疾患による障害(慢性腎不全/人工透析など)

慢性腎不全の障害年金 請求事例

精神的なもの? 検査の結果は

T也さんは大学を卒業し、入社10年目の中堅社員になった頃、どうしょうもない体のだるさに襲われました。
何をしてもだるく、おっくうで微熱もあり、体重も減少してきました。
上司は精神的なものを疑ったようですが、内科を受診(平成22年10月)し、検査をしたところ、尿蛋白が出ていると分かりました。

10年前にも指摘されていた

思い出せば就職する際、会社に診断書を提出するため、近くの病院を受診したとき尿蛋白を指摘されていましたが、特に治療の指示もされなかったので、そのままにしていたようです。
検査の結果を受け、腫れ物に触るような恐る恐るの生活が1年ほど続きました。
T也さんの場合、慢性腎炎から慢性腎不全に進行し、左右共に障害になっているので、一方が健全である確率はとても低いようです。

腎臓機能を失う

この間も体調が優れないことや医師の指示もあり、会社も休職して安静に努めましたが、次第にT也さんの腎臓は機能を失い、尿が出なくなってしまいました。
そして、とうとう人工透析の導入(平成23年9月)となりました。
現在は、会社の理解もあり職場に復帰し、疲労を蓄積しないよう気を付けていますが、身の周りなどについても支援を必要としています。

札幌 障害年金なんでも相談センターの対応

腎臓病は長い時間をかけて症状が進みますので、過去に受診歴がないか聴取しました。
結果、初診日は(平成22年10月)となります。
障害認定日は通常ですと、初診日から1年6ヶ月となりますが、人工透析の場合、透析開始から3ヶ月経過日となりますので、平成23年12月が障害認定日となることを説明しました。障害認定日要件はこちら

申請するための納付要件

初診日において厚生年金保険に加入中であり、直近1年間の納付要件で問題無いと判断しました。

請求方法についてのご提案

認定日請求による障害厚生年金として請求しました。

病歴申立書の作成

T也さんから、現在までの症状や日常生活の状況をヒアリング(約1時間半)し、病歴就労申立書を作成。

ご相談から請求書の提出まで

医師に診断書の作成を依頼して、出来上がるまで約3週間要しました。
また、面談・電話による打ち合わせは、計4回(約3時間程)行い、最初のご相談から年金の申請まで、約1ヶ月半を要しました。

ご相談(初回のご相談は約1時間半)
面談により発病から現在までの状況をヒアリング

 病歴・就労申立書の作成(約1週間で作成)
面談でヒアリングした内容を時系列にまとめ書類を作成
診断書の作成依頼(約3週間を要しました)
医師に作成依頼
他の書類の整備・書類の取得
請求書等の記載と住民票等の取得
年金事務所に請求書の提出
申請後、約2ヶ月で年金証書が届きました


申請の結果

年金の申請を行ってから約2ヶ月で年金証書が届き、障害厚生年金の2級に該当しました。
その後T也さんは仕事に復帰し、収入を得ながら障害厚生年金も受給しています。

厚生労働省が定める「腎疾患による障害」

認定基準

腎疾患による障害については、次のとおりです。

障害の程度
障害の状態
1級
身体の機能の障害又は長期にわたる安静を必要とする病状が前各号と同程度以上と認められる状態であって、日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のもの
2級
身体の機能の障害又は長期にわたる安静を必要とする病状が前各号と同程度以上と認められる状態であって、日常生活が著しい制限を受けるか、又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの
 3級  身体の機能に、労働が制限を受けるか、又は労働に制限を加えることを必要とする程度の障害を有するもの

状の経過、人工透析療法の実施状況、具体的な日常生活状況等により、総合的に認定するものとし、当該疾病の認定の時期以後少なくとも1年以上の療養を必要とするものであって、長期にわたる安静を必要とする病状が、日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のものを1級に、日常生活が著しい制限を受けるか又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のものを2級に、また、労働が制限を受けるか又は労働に制限を加えることを必要とする程度のものを3級に該当するものと認定します。

認定要領

  1. 腎疾患による障害の認定の対象はそのほとんどが、慢性腎不全に対する認定です。
    慢性腎不全とは、慢性腎疾患によって腎機能障害が持続的に徐々に進行し、生体が正常に維持できなくなった状態を言います。
    すべての腎疾患は、長期に経過すれば腎不全に陥る可能性をもっており、最も多いのは、慢性腎炎(ネフローゼを含む。)、腎硬化症、嚢胞腎、腎盂腎炎であるが、全身性疾患による腎障害、すなわち、糖尿病性腎症、膠原病、痛風腎、アミロイドーシス等も少なくないものです。
  2. 腎疾患の主要症状としては、悪心、嘔吐、疼痛等の自覚症状、尿の異常、浮腫、高血圧等の他覚所見があります。
  3. 検査成績としては、尿検査、血液生化学検査(血清尿素窒素、血清クレアチニン、血清電解質等)、動脈血ガス分析等があります。
  4. 慢性腎不全及びネフローゼ症候群での検査項目及び異常値の一部を示すと次のとおりです。
区分 検査項目
単位
軽度異常
中度異常
高度異常
 ア 内因性クレアチニン
クリアランス値
ml/分
20 以上
30 未満
10 以上
20 未満   
10 未満

清クレアチニン濃度
mg/dl
3以上5未満
5以上8未満
 8以上
1.1日尿蛋白量
g/日
3.5g以上を持続す
2.血清アルブミン
g/dl
かつ、          3.0g以下
3.血清総蛋白
g/dl
又は、          6.0g以下

(注)「ウ」の場合は、①かつ②又は①かつ③の状態を「異常」と言います。


  1. 腎疾患による障害の程度を一般状態区分表で示すと次のとおりです。
区分 一般状態
 無症状で社会活動ができ、制限を受けることなく、発病前と同等にふるまえるもの

軽度の症状があり、肉体労働は制限を受けるが、歩行、軽労働や座業はできるもの 例えば、軽い家事、事務など

歩行や身のまわりのことはできるが、時に少し介助が必要なこともあり、軽労働はできないが、日中の50%以上は起居しているもの

身のまわりのある程度のことはできるが、しばしば介助が必要で、日中の50%以上は就床しており、自力では屋外への外出等がほぼ不可能となったもの
身のまわりのこともできず、常に介助を必要とし、終日就床を強いられ、活動の範囲がおおむねベッド周辺に限られるもの


  1. 各等級に相当すると認められるものを一部例示すると次のとおりです。
障害の程度 障害の状態
1級  前記(4)に示す検査成績が高度異常を示すもので、かつ、一般状態区分表のオに該当するもの
2級
  1. 前記(4)に示す検査成績が中等度異常を示すもので、かつ、一般状態区分表のエ又はウに該当するもの
  2. 人工透析療法施行中のもの
3級 前記(4)に示す検査成績が軽度異常を示すもので、かつ、一般状態区分表のウ又はイに該当するもの

 なお、障害の程度の判定に当たっては、前記(4)の検査成績によるほか、他覚所見、他の一般検査及び特殊検査の検査成績、治療及び病状の経過等も参考とし、認定時の具体的な日常生活状況等を把握して、総合的に認定します。

  1. 人工透析療法施行中のものについては、原則として次により取り扱います
  1. 人工透析療法施行中のものは2級と認定します。
    なお、主要症状、人工透析療法施行中の検査成績、具体的な日常生活状況等によっては、さらに上位等級に認定します。
  2. 障害の程度を認定する時期は、人工透析療法を初めて受けた日から起算して3 月を経過した日(初診日から起算して1年6月以内の日に限る。)とします。
  1. 検査成績は、その性質上変動しやすいものであるので、腎疾患の経過中において最も適切に病状をあらわしていると思われる検査成績に基づいて行うものとします。
  2. 糸球体腎炎(ネフローゼを含む。)、多発性嚢胞腎、腎盂腎炎に罹患し、その後慢性腎不全を生じたものは、両者の期間が長いものであっても、相当因果関係があるものと認められます。
  3. 腎疾患は、その原因疾患が多岐にわたり、それによって生じる臨床所見、検査所見も、また様々なので、診断書上に適切に病状をあらわしていると思われる検査成績が記載されているときは、その検査成績も参考とし、認定時の具体的な日常生活状況等を把握して、総合的に認定します。
  4. 腎臓移植を受けたものに係る障害の認定は、本章「第18節/その他の障害」の認定要領により認定します。
障害年金なんでも相談センター
プロフィール

社会保険労務士 内 山 修 プロフィール写真社会保険労務士
内 山 修
うちやま おさむ

北海道池田町出身
1968年生れ

北海道中川郡池田町で生れ育ちました。 昭和63年に公務員となり、社会保険庁に入庁し、障害年金等の年金審査業務に携わっておりました。

困っている方のお役に立ちたいと思い、平成23年に社労士の資格を取得。「相談して良かった!」と言って頂けるサービスや信頼関係を築き、一人でも多くの方が適正な等級で 障害年金を受給できるよう、親身になってご支援いたします。

詳しいプロフィールはこちら>>

アクセス
  • facebook
  • blog
  • 内山社会保険労務士事務所企業様向けホームページ

このページの最上部へ

Copyright (C) 2012 内山社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.
プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
Copyright (C) 2012 内山社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.